アルバイト勤務、フリーターでもお金を借りられるカードローンについてまとめました。

収入が少ない、勤続年数が浅い、審査が心配。非正規雇用ならではの不安は色々ありますよね。

ここでは、自分でも借りれるの?という方向けに安心して申し込める大手キャッシングサービスを紹介しています。

バイト勤務でお金借りるならどこがいい?と迷ったらココ!

  • プロミス

    郵便物・カード無しのWeb完結登場
    口座振替による返済を選べば、ネットのやりとりだけで契約OK!
    土日祝日も、また、平日14時過ぎても、ネットで申し込んで、審査通過後に自動契約機にいけば借りられます。
    一部無人契約機は9:00~22:00(※一部21時もあります。)利用OK。 そして、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスに登録すれば、24時間最短10秒でお振込み可能♪
    ※対象金融機関は200行以上あり

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン

    バイト代がちょっと足りない時に借りれる
    審査は超スピーディ。だから親バレ、家族バレの心配もナシ。 三菱東京UFJ銀行の口座を持っていない人でも借りれます。
    金利は業界トップクラスの低金利だから返済の不安も少ないですね。
    1,000円単位でのお借り入れOKなので、バイト代がちょっと足りない・・・という時にも助かりますよ。

  • アコム

    はじめての方なら契約日の翌日から最大30日間金利ゼロ。
    3秒で申し込み可能か診断できます。夜間まで自動契約機が営業中。
    審査は最短30分で回答。最短1時間融資も可能です。

アンケート調査・バイトの人ってどれくらい借りてるの?

アルバイト勤務で生計を立てている20代~50代の男女100名に、キャッシングでお金を借りるなら、1回あたりいくら借りますか?というアンケート調査を実施しました。

調査結果は、下のグラフの通りです。

アルバイトの人の借り入れ額

調査対象:日本在住で、アルバイト勤務の20代~50代男女100人
調査方法:クラウドサービス:ランサーズでのアンケート調査

 1回あたりの借入れ額が10万円までという人が全体の4分の3を占める結果になりました。

 これは、年収が高くないことから、あまり多額の借り入れができないということもありますが、確実に審査を通すために、最初から30万円以上といった高額借り入れを希望しないという結果も現れています。

 また、アルバイト勤務の方に人気の消費者金融は、年収の3分の1までしか借りれないというルールがあるため、自然と借り入れ希望額が低くなるという影響もあるようです。

 その一方で少数ではありますが、一度に50万円以上の借り入れを行うという人も見られました。

 

5万円から10万円の借り入れ目的は?

 バイト勤務の方の中で最も多かったのが、10万円以内、ついで多かったのが5万円以内です。

 では、5万円~10万円を借りる方がどういった目的でお金を借りているのかを調査してみました。  結果は下の図のとおりです。

キャッシングの利用目的

 キャッシング目的の第1位は、生活費でした。生活費の中には、食費や光熱費、家賃など様々なものが含まれるため、最も多い結果となりました。

 次は趣味や遊びというものです。「ちょっと飲みに行く」「友達に誘われて出かける」など、自分個人だけでなく、誰かに誘われて断りきれずに、お金を借りて参加するというケースも多いようです。

 以下、冠婚葬祭やショッピング代などが続き、少数意見ではありますが、借金の返済やギャンブルという回答もありました。

 借金返済目的での借り入れは、いずれ自転車操業状態を招くので、そうならないよう気をつけたいところです。

調査からわかる、アルバイトの方におすすめのキャッシング

 アルバイト勤務の方は、10万円までの借り入れ利用の人が75%以上でした。

 10万円以内の利用であれば、あまり金利にこだわる必要はありません。

 例えば、10万円を1年間借りた場合の利息は18%なら18,000円、12%なら12,000円です。

 銀行系のキャッシングに申し込めば、12%前後でお金を借りることも可能です。

 しかし、銀行系は貸出審査がやや厳しいのが特徴です。

 一方、消費者金融で10万円程度を借りると金利は18%になることが多くなりますが、銀行ほど審査は厳しくありません。

 また、消費者金融は初回利用の方に無利息サービスを提供しており、短期で借りる人には特に有利な条件で借りれるようになっています。

つまり、アルバイト勤務の方は、消費者金融を利用するのがオススメだと言えます。

アルバイトの方に人気のプロミス!申込はこちら
http://cyber.promise.co.jp/

アルバイト勤務ならでは。お金が要る場面はけっこう多い

バイト先で飲み会があって、まとまったお金が要る。

正社員になるために習い事がしたい。でもお金がない。

給料日が遠いなぁ・・・。

アルバイトをしているとお金が何かと必要な割には手元にはなかなか残らないものですよね。

そんな時短期間でも借りれることができれば、かなり財布の中は安心。精神的にも心強いものです。

でも、バイトやパートの立場でキャッシングやカードローンを使えるの?どこも貸してくれなかったら、ショックだ。 誰でもそう思いますよね。

ここで紹介しているキャッシング業者はアルバイトやパートスタッフのような非正規雇用で仕事をしている人でも、安定した収入さえあれば、借りられるキャッシングばかりです。

どの会社のホームページにも、借りられるかどうかのシステムがありますので、直接電話や店舗で相談する前に、自分が借りられるかどうかをチェックしてみるのもいいですね。

診断結果が出るまでには1分もかからないので、ムダな時間を過ごすこともありません。

バイトを始めたばっかりだけれど、借りれるかどうか心配

お金が足りない、もっとあったらなぁと感じる瞬間って、バイトを始めて1,2ヶ月目くらいなんですよね。

締め日は終わったけど給料日まではまだ遠い。その間は無収入。

1回目の給料が出ても、それまで先延ばしにしていた支払いがたくさんあって、すぐに給料はなくなっちゃった。仕事を始めたてのころはとにかくお金が必要なことが多くて、借り入れできればとても助かりますね。

バイトを始めたてで借りられるかどうかは、審査を受けてみないと正直なところわからないです。というのも、お金を貸せるかどうかという審査の基準はキャッシングやカードローンの会社独自に持っています。

貸出金利がそれぞれの会社で違うように、審査の基準も違うわけです。

なので結論は、審査を申し込んでみないとわからない。

ただ、バイトを開始してから2週間くらいだとしても借り入れの申込をしてはいけないということはありません。

あと、実際に働いた期間が短かったとしても、有期雇用ではなく、今後も当分続けるというアルバイトであれば、借り入れできる可能性もあります。

いきなり30万円とか50万円といった大きな金額は難しいかもしれませんが、本当に必要な最小限度の借り入れを申請してみるのはありだといえます。

お金を実際に借りるならどこがいい?

お金を借りる時は、早く借りたいという気持ちが先立って、なかなか返済することのことを考えられませんが、お金を借りるなら金利が一番安いところがいいです。

これはバイトの人に限らずお金を借りる人共通で言えることですね。

ベストは無利息で借りられるところ。初めての方限定や、期間限定という形で金利がゼロというサービスもやっていますので、まずはホームページなどでキャンペーンをチェックすることですね。

ただし、利息が0円という会社はそう多くはないので、少しでも安いところ探すこと。

あとは、自分がよく行くコンビニで借り入れ返済ができるかをチェックすることです。

今日は雨が降っていてめんどくさいから返しに行くの明日にしよう、と、返済がめんどくさくなるような場所にあったら、延滞してしまいかねませんからね。
借りたお金を返すときのこともしっかり考えてお金を借りたいものです。

キャッシングできる会社は増えてきている

バイトで生活している人には、人それぞれ理由があるでしょう。

就職に失敗して正社員になれなかった。

お金よりも時間が自由になることを優先したかった。

やりたい仕事の下働きとしてバイト扱い。

夢を諦めたくなくて、バイトしながら修行中。などなど・・・


「フリーター」というと、なんとなくだらしなくてきちんとしていない人というイメージがありますが、実際にはそういう人ばかりではないんですね。

こうした事実が少しずつ世間が理解してきています。

「アルバイトで生計を立てている=ルーズな人」といった考え方が払拭され始めているんです。

その証拠とでも言えるでしょう。アルバイトでもキャッシングできるキャッシング会社が増えています。もちろん、闇金のようなブラックなところではなく、CMをしているきちんとした会社が運営しているキャッシングです。

少し前までは「アルバイトで生計を立てているような人は生活能力が低い。返済能力も低い」とみなされ、なかなかお金を貸してはもらえませんでした。

その結果、ブラックなところでお金を借りて、身を滅ぼしてしまったという人も存在していたでしょう・・・

アルバイトでも、まじめに働いて、まじめに返済しようと考えている人はたくさんいる。

職種や雇用形態で人を判断するべきではない。

そうした人にもチャンスを与えるべきだ・・・というように考えが変わってきているんです。

お金がなくてチャンスを棒に振ってしまうことがあるでしょう。ブラックに手を出してしまった人も、チャンスを握ろうとしてお金を借りたのかもしれません。
結果、ブラックで借りたことによってチャンスがピンチになってしまうことになりますが・・・

今、少しだけお金があればチャンスをつかめる。毎月少しずつだけど、ちゃんと返済できるから貸してほしい。そういう人の願いが実現された世の中になりました。

こうしたキャッシング会社は、しっかりと法律を遵守しているため、違法な取立てや金利で苦しめられる、なんてことは一切ありません。

きちんと返済をしていけば、生活に影響を与えることはありません。

だけど、「家族にバレたら怒られる」と考えている実家住まいの人も多いでしょう。

チャンスをつかむためのお金だと説明をしても「キャッシング」という行為自体に理解を示してくれないというパターンもままあります。

そういう人の気持ちを考慮して、キャッシング会社も「こっそり借りれるシステム」を構築してくれています。

家族の誰にもバレずキャッシングをできます。少し後ろめたい気持ちもありますが、返済してしまえば何の問題もありません。

きちんと計画的にキャッシングをすれば、日々の生活を苦しめずにちょっとした余裕を生むことができるんです。

私の体験談:フリーターだけど借りれました

私はフリーターです。アルバイトで稼いだお金で日々生活しています。

この就職氷河期にうまく就職できなかった大勢の中の1人です。大学に進学するために実家を離れて、卒業して1年経った今もそのまま1人暮らしをしています。

大学を卒業してフリーターだなんて情けない気持ちもあるけれど、お金を稼がなければ生活もできない。でも実家には戻りたくない。もう少し、自分の可能性を信じていたい。

けれど、親にだって仕送りだのなんだので、ずっと迷惑をかけるわけにもいかない。

今の私には、フリーターとして生活をしながら正社員の道を模索する以外に生き方がなかったんです。

だけど、アルバイトの稼ぎではなかなか生活ってキビシイですね。

私がしているアルバイトは近所のスーパーのレジ打ちで、時給820円

都市部のスーパーではないので仕事は忙しくはありません。人間関係も悪くないし、客層も大きなトラブルが起こらない程度には良い。コンビニのように夜勤がないので、夜にきちんと眠ることもできる。

このままのんびりここで働いていけたらなかなか幸せなんじゃないかな?と思う時もあります。

その思い込みが現実に引き戻されるのが給料日。

給料明細を見ると、10万円と少し程度。家賃を払ってご飯を食べたら、もう手元にはほとんど残りません。

一緒に稼いでくれる嫁さんでもいたらなぁ・・・なんてことを考えることもあります。

それでも生活できているから・・・と自分を納得させ、貯金もできずその日暮らしをしていると、大学時代の友人から連絡が来たんです。

これが私の初キャッシングの経験になるとは思いませんでした。

その連絡は、「結婚します」というものでした。

彼は要領がいいヤツで、うまいことそこそこの会社に正社員で入社しました。そして合コンで出会った女の子と結婚が決まったそうです。デキちゃった婚というヤツだそうです。

言葉では「おめでとう」と返事をしましたが、内心ショックもありました。

私が望んでいてできないことをさくっとやってのけた彼と、未だフリーターで「ご祝儀を払う余裕なんてない」と考えている自分。歴然とした差を感じました。


その時思ったことが、「この差を、ヤツに感じ取らせてはいけない」ということ。

この差をヤツが感じ取れば、バカにしたりはしないでしょうけど、哀れまれるって思ったんです。


ちゃんと結婚式に行って、ご祝儀を渡したい。ここで断れば、間違いなく哀れまれるに違いない。

今思えば、病欠だとかなんだとか言えばよかったんでしょうけど、当時の私にはそんな考えはありませんでした。それほどショックだったんです。

かといって、親に借金なんて申し込みたくないし、今時給料の前借りなんてさせてくれるバイト先なんてない。

ということで、行き着いた先がキャッシングだったんです。

CMもやっているような大手のキャッシングサイトで申し込んでみたら、さくっと審査に通りました。バイトなんて、どうせ無理だろうなと思いつつやったことだったので、少し驚きました。

翌日、銀行口座を見ているとすでにお金が振り込まれていて、「ああ、私はキャッシングしたんだ・・・」と実感させられました。

そして友人の結婚式の日、私は予定通り多めの祝儀を包み、彼を祝福しました

彼はとても幸せそうで、私が結婚式に参加したことにも喜んでくれて、来てよかったなと思いました。

結婚式会場には、懐かしい顔ぶれもいましたが、ほとんどは見知らぬ人ばかりでした。

その中には、彼の会社の上司や新婦の友人がもちろんいました。


私は初対面の人とも仲良くするのが得意で、その場で新婦の友人と仲良くなりました。

なんと、彼女もフリーター。実家住まいだけど、親がうるさいから早く家を出たいと愚痴っていました。

彼女と連絡先を交換し、とんとん拍子で付き合うようになり、「2人の給料を合わせれば今のままでも余裕で生活できるね」という彼女の言葉をきっかけに同棲を始めることになりました。

あの時、キャッシングをして結婚式に行かなかったら、この幸せはなかったんだなと思うと、感慨深い気持ちになります。

消費者金融は世間からあまり良いイメージを持たれていないかもしれませんが、こうしてうまく使えば人生のチャンスを逃さずに済む。私はこの経験でそのことを学びました。

このページの先頭へ