スッポンにエサやりを強要するペットショップ

【神奈川県・Oさん(女性)からの投稿】

ブラックすぎたバイト先のせいで、ペットショップに近寄ることさえも怖くなってしまっています。

私が働いていたのはペットショップなのですが、そこの店長があまり働かない人でした。
あまりにも職務怠慢が過ぎるので、私は動物が可哀想だと思って勤務時間以外でもエサやりに訪れたりして愛玩動物たちの命をつなぎとめていたほどです。

しかしながら、正義感が強い私の手にも負えなかった動物がいます。
それはスッポンであり、指を噛まれようものならその後の日常生活に多大なる支障をきたすほどの獰猛な性格をしていました。

スッポンにエサやりを強要するペットショップ

スッポンは店長のお気に入りの動物だったようで、私がバイトを始めた当初から熱心に可愛がっていました。
店長の虫の居所が明らかに悪い日があり、そのときばかりはスッポンにエサをやっていませんでした。
しかし、いくらスッポンが不憫に思えてもエサやりできる度胸が私にはありません。

そんなとき、店長は私を指差しながらスッポンにエサやりをするように命令してきたのです。
一歩間違えば大惨事につながりかねない業務命令ですから、私は断固拒否しました。
押し問答が続くと店の奥から店長の妻が出てきて私は難を逃れましたが、すっかりペットショップ勤務が嫌になりました。

 

動物を扱う仕事に就いているのが信じられない悪質店長

このような人物が、動物の命を扱う仕事……しかも重役に就いているとは驚きです。
ペットショップは販売業ですが、売れるまでの間、店にいる全ての動物たちの世話をしなければいけません。
投稿者の方がいなければ、その店の動物たちはどうなっていたか……考えるのも恐ろしいほどです。

スッポンだけはかわいがっていたとの事ですが、その日の気分次第で餌を貰えるか決まるような傾向がある点も許せませんね。
人間の気分の良し悪しに関係なく、動物たちには適度に餌を与える必要があるのに、何とも無責任な人物が居たものです。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ