私のブラックバイトの体験記

b252ed5f11bc314e594e18f3545cf73a_s

私は、現在は46歳の主婦パート(女性)です。

私は、33歳で、調理専門学校へ入学しました。

その時に、お金がほしいので、調理学校にたまに講師に来てくれる、男性(レストラン経営)のお店でアルバイトをさせていただくことになりました。

その男性の話を聞いて、そこで働いてみたいと思ったのです。

その男性は海外に留学してそちらで生活をするために、レストラン経営の道に進んだそうです(今は帰宅して、小さなお店を借りて奥さんや甥とほそぼそと経営しています。あまりもうかっていないようです)。

その人は、海外で移民を雇う時は、ふつうちゃんと国籍がある人より安く雇うものだが、私はそういうことはしなかった。

ちゃんと、同じ働きをしたひとには、同じ賃金を払っていたと言っていました。

面接は履歴書はいらないと言われ、簡単に終わってしまいました。お金のこととかをちゃんと聞けばよかったのですが、聞けませんでした。

その人は、すぐどなったりするので、仕事も慣れていないのに、緊張して、うまく仕事ができませんでした。

私が将来お店を持ちたいと勝手に思っていたらしく、それならそのようにしようと思っていたようです。

途中で、私はそういう気がないと言いましたが、あまり変わりませんでした。

交通費は出ると言っていたけど、全額ではなく200円くらいでした。

後、暇な時間は無給で家に一回帰ってまた来るか、車で休んでいてほしいと言われました。

時間も短く、すぐに辞めてしまいました。

人を使ってる側の人がすごくえばっていて驚きました。

 

どんな人にも裏表がある

きちんとしているように見える人でも、蓋を開ければ威張り散らていることもあります。

このような人はよりタチが悪いので、一刻も早く縁を切るべきでしょう。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ