某牛丼店のワンオペの噂は本当だった。

e3e0346bbd8a5a654b06dfbed496002d_s

今から、約5年前のことです。当時カードの借金があり春のアルバイトと掛け持ちで某牛丼チェーン店の深夜帯で働くことになった時の話です。

噂では聞いていたのですが、某牛丼チェーンはワンオペレーションで深夜の営業をしているということは聞いていてまさかと思ってアルバイトを始めることにしました。夜の時間帯は混むので新人教育ができないということで昼間の時間帯と都市部に大きな研修センターが存在しダブルで教育を受けることになりました。研修センターでは大まかな流れを、現場研修では研修センターで習ったことをOJTに近い状態でアウトプットするということを行いました。昼間に来るお客様の客層としては問題ない人ばかりで大丈夫だなと安心してたのですがそれが間違いでした。

仕事に慣れてきたとき、深夜帯の勤務をすることになったのですが「最初は二人で回しててもらうから‼︎。」最初は何かひっかかるな?とは思いましたが人がいない時はっていただろうと思って仕事を始めたのですが違いました。結構前から働いている先輩に話を聞くと元々、人手不足でこの店舗はワンオペレーションで回しているということだったので入社段階に何一つ説明がなく騙されたと思いました。覚えることが多すぎて、それを人件費の関係で3日で覚えろだの、ミスをしたら給料から天引きだの、来るお客様の客層も酷いものでいかにも高級店の常連かのように勘違いしたいつものでというお客や酔っ払って切れやすい人などばかりで接客は好きだったのですが精神的に耐えられなくなり3日でアルバイトをやめることにしました。忍耐力はあるほうだとは思うのですが後にも先にも数日でアルバイトをやめるということはこのアルバイト先だけで今はどうなのかはわかりかねますが就業ふることはおススメできません。

人手不足の業界からはすぐに離れたほうがいい

飲食や小売は人手が足りていない場合が多く、過酷な労働を強いられる場合があります。

そうした業界はいつまで経っても変わりませんので、すぐに離れてしまったほうが良いでしょう。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ